複利の利息のつき方とは?

お金を増やすことを考える中で、絶対的に欠かせない考え方として複利があります。複利の考え方がなければ、お金を飛躍的に増やすということは難しいでしょう。長期的に資産を育てる上でもはや必須な知識と言えます。複利を知ってそれに従って資産運用を行うことで、ほぼ間違いなく資産は育っていきます。複利に関しては特別な才能も運も必要ありません。複利が用意したレールの上に乗っていれば良いのです。

しかし、ここまで言うと、このような魔法のようなものがあるのかと思うかもしれません。しかし、かの有名な科学者、アインシュタイン博士も「複利は人類最大の発明」とまで言わせたように、理にかなった運用なのです。

では、複利は一体どのようなものなのでしょうか?
お金を運用すると利息がつきますが、この利息のつき方を言います。元本に対して利息がつくのが単利ですが、複利は元本とそれに対してついた利息にさらに新しい利息がつくことを言います。運用益を引き出さずにそのまま再投資に使うだけで利息が利息を生む、というものになります。

これは最初の数年間はそれほど大きな効果を感じないものですが、ずっと運用しているとその分だけ利息が雪だるま式に膨れ上がります。非常に合理的な運用方法です。

支出の状態を把握しよう

資産形成を行う基礎は貯蓄ができる体制作りです。投資を行うにしろ、その元手となる資金がなければはじめることはできません。貯金をできる体制を作るには日頃の収支を見直すことです。その上で自分がどの分野での支出が多いのかを見極める必要があります。逆に支出の状況を分析して効果的に削減することができれば、貯蓄のスピードは加速していきますので、資産形成を行うには何に対して支出が多いのかを見直しましょう。

なお、支出に関しては3パターンありあす。投資、消費、浪費です。

投資は株式投資や投資信託、債権などの金融商品に対する投資と、資格を取得するための習い事など自分自身に対する自己投資がそれに当てはまります。しかし、ここで気をつけておきたいのが、習い事に対するものなら本当に価値のある投資なのかを改めて考え直しましょう。収入アップに繋がったり、社会的に価値があったり、身になるものなのかどうかを見定めて必要・不要を精査しましょう。

続いて消費です。これは飲食に使う費用や日用品、家賃、光熱費など必要な経費がここに当てはまります。

問題は浪費です。特別必要の無いものに対して使ってしまっている費用です。たとえば大してお腹が減ってないけど、ついついおやつを買ったなどで、こういう部分こそ削減ポイントです。

富裕層に関心がある方は以下をお読みください。
新世代の富裕層の動向をお教えします。
ベストセラー書籍の書評です。

あなたも簡単に経営者になれる

自営業を行なうのは非常に勇気のいることだと思います。いまの会社を退職しまして、収入に不安を抱えながら手探りで仕事を行なうというのはとても不安です。また自営業はいくら計画を立てたとしても成功の保証はありません。それでも自営業で暮らしていきたいのでしたら、いきなり退職をするのではなくで、まずは副業という形で開始するのが危険がないかと思います。

副業として自営業を行なうといいましても、選んだ職によっては時間の都合のつかないものもあるでしょう。職にこだわらずただ会社勤めから脱出したいと考えているのでしたら、マンション経営という自営業はお勧めの手段です。マンション経営は大家の仕事です。主に行うことは家賃の徴収くらいの仕事です。書類などの作成は休日に行なえる程度の軽作業ですので、副業として十分にやっていける自営業なのです。

マンション経営を行なう方法なのですが、まずは物件となるマンションを探し出しましょう。費用の方はローンを組んだり中古物件を見つけるなどの方法でなんとかして欲しいと思いますが、そこさえクリアできればあとは簡単です。経営者になりたいのでしたら、まずはマンションを購入する手段を見つけ出して欲しいと思います。

お金に囚われない生き方

生きるために必要なお金という存在ですが、今の時代どうもお金という価値を勘違いしている人が多いように感じます。そもそも、お金とは、価値あるモノの取引をスムーズに行うための共通紙幣として開発されました。しかし、お金そのものに価値があると感じ、お金のことが常に頭から離れずに、お金に振り回される生活を送っているように感じます。

さらに、現代のお金を取り巻く環境は複雑化して、お金意外には何にも価値がないとさえ思えてきます。つまり、お金がない自分はなんのとりえもない最低の人だと、自尊心を傷つけるほどお金のパワーは強力なものがありますよね。

「お金に囚われない生活をおくりたい」とは思っても、実際は難しいですよね。いくら、時給自足の生活を送っても元でとなる資金は必要ですし、税金の支払いも義務付けられています。

ですから、お金を遠ざけるというよりは、お金の性質を理解してお金を見方につけたほうが、より豊かな生活を送れるのです!そこで、取り組んでほしいことは資産形成です。自分は資産形成を考えるほど、資産はないという意見もありそうですが、自分が今もっている資産をしっかりと把握することで、この先どのくらいお金が必要かと考えるきっかけにもなるのですよ。

IFAと投資家の関係

「IFA」は「Independent Financil Adviser」の略です。日本語に訳すと「独立系ファイナンシャルアドバイザー」ということになります。アドバイザーと言っても、IFAは個人ではなく大体が法人で運営しています。また、このIFAを投資顧問会社と訳されている場合もあります。
投資信託で言う販売会社になるのですが、IFAと販売会社では大きな違いがあります。それはIFAと投資家はWIN-WINの関係と言うことです。IFAの特徴でもあるのですが、投資家の利益が上がることによってIFAの利益が上がるようになっています。IFAの利益は投資家から得る手数料なのですが、具体的には投資家の時価増額に対して数%だったり、運用利益に数パーセントなどの利益を得ることになります。

言い換えると、投資家が利益が上がらなければIFAとしても利益が出ないようになっているということでもあるのです。投資家が利益が出ないことにはIFAも利益が出ませんので、投資家とIFAは運命共同体なのです。そういう意味でもより投資家に取って利益の出るように強いパートナーシップの元、投資全般に関するアドバイスをしてくれる存在なのです。

国際金融を学ぶならこちらをチェック!