IFAと投資家の関係

「IFA」は「Independent Financil Adviser」の略です。日本語に訳すと「独立系ファイナンシャルアドバイザー」ということになります。アドバイザーと言っても、IFAは個人ではなく大体が法人で運営しています。また、このIFAを投資顧問会社と訳されている場合もあります。
投資信託で言う販売会社になるのですが、IFAと販売会社では大きな違いがあります。それはIFAと投資家はWIN-WINの関係と言うことです。IFAの特徴でもあるのですが、投資家の利益が上がることによってIFAの利益が上がるようになっています。IFAの利益は投資家から得る手数料なのですが、具体的には投資家の時価増額に対して数%だったり、運用利益に数パーセントなどの利益を得ることになります。

言い換えると、投資家が利益が上がらなければIFAとしても利益が出ないようになっているということでもあるのです。投資家が利益が出ないことにはIFAも利益が出ませんので、投資家とIFAは運命共同体なのです。そういう意味でもより投資家に取って利益の出るように強いパートナーシップの元、投資全般に関するアドバイスをしてくれる存在なのです。

国際金融を学ぶならこちらをチェック!