お金に囚われない生き方

生きるために必要なお金という存在ですが、今の時代どうもお金という価値を勘違いしている人が多いように感じます。そもそも、お金とは、価値あるモノの取引をスムーズに行うための共通紙幣として開発されました。しかし、お金そのものに価値があると感じ、お金のことが常に頭から離れずに、お金に振り回される生活を送っているように感じます。

さらに、現代のお金を取り巻く環境は複雑化して、お金意外には何にも価値がないとさえ思えてきます。つまり、お金がない自分はなんのとりえもない最低の人だと、自尊心を傷つけるほどお金のパワーは強力なものがありますよね。

「お金に囚われない生活をおくりたい」とは思っても、実際は難しいですよね。いくら、時給自足の生活を送っても元でとなる資金は必要ですし、税金の支払いも義務付けられています。

ですから、お金を遠ざけるというよりは、お金の性質を理解してお金を見方につけたほうが、より豊かな生活を送れるのです!そこで、取り組んでほしいことは資産形成です。自分は資産形成を考えるほど、資産はないという意見もありそうですが、自分が今もっている資産をしっかりと把握することで、この先どのくらいお金が必要かと考えるきっかけにもなるのですよ。

IFAと投資家の関係

「IFA」は「Independent Financil Adviser」の略です。日本語に訳すと「独立系ファイナンシャルアドバイザー」ということになります。アドバイザーと言っても、IFAは個人ではなく大体が法人で運営しています。また、このIFAを投資顧問会社と訳されている場合もあります。
投資信託で言う販売会社になるのですが、IFAと販売会社では大きな違いがあります。それはIFAと投資家はWIN-WINの関係と言うことです。IFAの特徴でもあるのですが、投資家の利益が上がることによってIFAの利益が上がるようになっています。IFAの利益は投資家から得る手数料なのですが、具体的には投資家の時価増額に対して数%だったり、運用利益に数パーセントなどの利益を得ることになります。

言い換えると、投資家が利益が上がらなければIFAとしても利益が出ないようになっているということでもあるのです。投資家が利益が出ないことにはIFAも利益が出ませんので、投資家とIFAは運命共同体なのです。そういう意味でもより投資家に取って利益の出るように強いパートナーシップの元、投資全般に関するアドバイスをしてくれる存在なのです。

国際金融を学ぶならこちらをチェック!