賃貸経営の収益の仕組み

投資は何かに対して資金を投じて、後々投じた以上のお金を得る方法のことを言います。賃貸経営の場合はマンションやアパートを購入して、その不動産を使いたい方に対して賃貸し、その間毎月家賃を支払ってもらいます。つまり、賃貸経営は不動産を購入する時にお金を投じる見返りとして、毎月家賃を受け取り、長い年月を掛けて将来的に購入した以上のお金を得る投資です。 これまで投資から得られる利益はキャピタルゲインとインカムゲインの2種類と言われていました、キャピタルゲインは資産を売却して得る利益のことで、購入時より高く売れた時に得られる利益です。対してインカムゲインは保有資産を通じて得られる利益のことで、不動産投資でたとえると家賃収入がインカムゲインにあたります。これからの賃貸経営は不動産を購入して数年間運用した後に、キャピタルゲインを得ると言う考え方からアセットプロテクションが大切と言われています。 つまり優良な不動産を優良な不動産管理、および賃貸管理を通じ、安定的に保全することです。また、インカムゲイン狙いであっても、短期的なビジョンではなく、中長期的に安定した収入が得られるようなビジョンを持って賃貸経営をすることが重要です。

IFAを参考にしてみる

投資はとても難しいものです。むしろ簡単なものではありません。だからこそいろいろと悩まされるものなのですが、投資に関して、あるいは金融関連の情報に関しては情報が錯綜しています。そのため、一体何を信じれば良いのか解らないような状況となっているのです。 「おっ」と思うような情報があっても実はただの噂でしかないケースは珍しくありませんし、コンサルタントの意見を聞こうと思っても人によって言う事が違っていたり。このようなケースで自分自身にとってプラスとなる情報を集めようと思ったらなかなか簡単なものではありません。ましてやインターネット時代です。 様々な情報がこれでもかと言わんばかりに溢れているのですから、何を信じれば良いのかなかなか解らないものです。そこです。IFAを頼ってみるのも良いかもしれません。IFAは国際的なコンサルタントとでも言うべき組織で、世界の金融事情に精通しています。 日本も「日本」として捉えるのではなく「世界の中の日本」という位置づけでいろいろな事をレクチャーしてくれますので、インターネットでの情報に辟易しているのであれば、IFAを頼ってみるのは決して悪い事ではありません。むしろ良い情報を得られるかもしれません。 以下もためになるのでぜひご覧下さい。IFAに関する詳しい情報をお届け!販売会社との違いがよく分かるコラムです。