一部屋でもできるマンション経営

マンション経営といいますと、ビル丸ごと一軒の経営を想像してしまう人もいると思うのですが、最近のマンション経営のトレンドは、一部屋からのオーナーになれるというワンルームごとの小口物件をマンション投資用に販売している不動産業者が増えてきています。マンション全体を買う事は、一般の投資家の資金力では難しいことですが、ワンルームからなら、なんとかマンション経営が可能になる金額になってきますね。 マンション投資の特徴としまして、家賃の設定を自由に行なえるというものがあります。同じマンションでも、角部屋は家賃が安かったり、ベランダの日当たりが良い部屋は家賃が高いなど、この様に他の部屋とは差をつけた家賃設定を自分で行なって集客するのです。つまりマンション投資のライバルは、他の部屋のオーナーとなります。 マンション投資なのですが、マンションといいましてもその家賃は様々です。都心の一等地のマンションならば、月に100万円以上の家賃を得られることもあるのでしょうが、マンション投資で扱う物件は、一般大衆向けの低家賃マンションを扱うことが多いです。つまりマンション投資は、いくつもの部屋のオーナーにならなければ、まとまった収入にはしにくいという特徴もあります。 マンション投資を始める前に以下にも目を通しておきましょう。失敗事例から学ぶマンション投資の落とし穴