転売ではなく賃貸収入で稼ごう

不動産投資自体がなかなかハードルの高いものであるように思われているのは、利益方法についての勘違いがあるのではないでしょうか。一般的な投資(証券投資)というのは、安い時に購入して高い時に売却するということによって差額の利益を得るという性質を持っています。不動産投資についてもこれと同じように、安い物件を購入して高い値段で売却する、という転売型だと考えている人が一定数いらっしゃるのではないでしょうか。 確かにこういった方法で不動産投資による利益を得ることも不可能というわけではありませんが、至極難しいものとなります。不動産というのは時間が経てば価値が落ちるものですから、当然購入時が一番価値が高いわけです。その後、より高値で売るというのは容易なことではありません。 そのため、実際のところ不動産投資というのはこういった転売型として行なわれているわけではありません。購入した不動産をマンション経営などによって賃貸として経営することにより、賃貸収入を得るというのが不動産投資の基本的な形ということになります。そのため、毎月決まった金額が収益として得られるという安定性がマンション経営の不動産投資には存在しています。